お金を確実に貯金する方法

スウェーデンのお金であるクローナを司る中央銀行はRiksbankです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pagelist

スウェーデンのお金を司る中央銀行

スウェーデンのお金であるクローナを司る中央銀行はRiksbankです。世界で一番古い中央銀行で、1668年に設立しました。スウェーデン議会Riksdagに属しています。1999年1月1日から独立性が付与されましたが、2年に一度、議会に金融政策のレポートをすることは残されています。中央銀行の目的は、価格の安定と安全かつ効率的な支払いシステムを促進することです。価格安定とはインフレ率が低く、安定していることです。具体的には、消費者物価指数CPIであり、これが2%に維持されることです。基本的にこれを達成させるために、レポ金利を政策ツールとしています。

また、スウェーデンの主要銀行と中央レベルでのリスク水準を定期的に評価して、経済が効率的に機能していけるように、支払いシステムと信用供与を注視しています。為替では、1992年から変動相場制に移行しています。中央銀行の為替市場介入の基本方針は、2001年6月に中央銀行の執行機関が決定したことに基づいています。中央銀行は、為替レートに目標を有しているわけではありません。その決定に関しては、中央銀行の今後1、2年先のインフレ目標2%を超えて、インフレ率が上昇するリスクが増大するかということです。

Copyright (C)2017お金を確実に貯金する方法.All rights reserved.